イベントレポート

S・Cのイベント体験レポート。会場で見つけたトピックをお伝えします。

update 2014/12/10

コミュニティクラブたまがわ こどもたまがわ合唱団~ホワイトエンジェル隊~

ホワイトエンジェル隊とは?

玉川高島屋S・Cで毎年クリスマス時期に開催する「クリスマスコンサート」
本館1Fグランパティオの大きなクリスマスツリーで彩られた会場で、世田谷地区周辺の子どもたちや第一線で活躍するアーティストによるコーラスや演奏をお届けしています。

その「クリスマスコンサート」の最終日に登場するのが“ホワイトエンジェル隊”です。東館4Fのカルチャーサロン『コミュニティクラブたまがわ』に集まった歌うことが大好きな子どもたち。メンバーは、6歳から小学生までの子どもたち30人です。


今年で9年目を迎えたホワイトエンジェル隊は、毎年10月頃にメンバーを募集、「クリスマスコンサート」で歌うことを目的に練習を行っています。今回は、本番まであと数週間に迫った“ホワイトエンジェル隊”の練習風景をレポートいたします!

まずはウォーミングアップから!

講師は、演奏家としてはもちろん、ヴォイストレーナーとしても活躍している常岡治恵先生です。まずは先生のオリジナル準備体操でスタート!

「身体をあたためないと声がでないのよ」と先生。「シュワッチ!」の掛け声とともに思いっきり手を上に伸ばしたり、「フー!フー!」とお腹から思いっ切り息をはいたりと、ユニークな体操に取材スタッフも思わず笑みがこぼれます。子どもたちは楽しそうに全身を動かしていました。

全8曲をストーリー仕立ての演出で

クリスマスコンサートは、当日のMCも努める常岡先生の演出でちょっとしたストーリー仕立てに進行します。

クリスマス前に「♪あわてんぼうのサンタクロース」がやってきたり、「♪さあ、飾りましょう」と歌いながら子どもたちがクリスマスツリーを飾ったり、クリスマスまでの日々を全8曲の歌と振付で表現するのです。

練習は発表曲順に、1回目は歌詞を見ながら、2回目は振付をしながら歌います。途中で何度も「言葉をもっとはっきり!」と先生の指示が飛びます。振付を揃えるために鏡の前に立っての練習も行っていました。

心をひとつに“ワンハート”

常岡先生の合言葉は「ワンハート」。みんながひとつの気持ちになって、心をひとつにして歌うことを心がけています。

先生の楽しく熱心な指導で、教室は子どもたちの熱気でいっぱいに。半袖で歌う子もいたほどです。小さな子にとっては長いであろう1時間半の練習をみんな元気いっぱい一生懸命に練習していました。子どもを飽きさせない先生の話術とパワーにも脱帽です。

子どもらしさを大切に元気よく!でもメリハリも大事。だからコンサートでは、にぎやかな曲だけでなく「♪荒野のはてに」のようなしっとりとした曲も披露します。子どもでもこんなに歌えるんだ!という、歌のテクニックも見どころのひとつですよ。

最後に先生からしっかりと歌詞を覚えてくるようにとの課題が出され、この日の練習は終了。次回までに覚えてこないと居残り練習よ!なんて厳しお言葉もあったので、きっと子どもたちは帰宅しても練習していることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は、歌の練習後に衣装合わせがありました!白い衣装をまとい、背中に白い羽をつけて可愛いエンジェルのできあがり!
子どもたちの気分も本番に向けてますます盛り上がっていましたよ。

今年のホワイトエンジェル隊のデビューは12月23日(火・祝)です。
さて、子どもたちは、無事練習の成果を発揮できるのでしょうか?たくさんのクリスマスソングをどのように歌いあげるのでしょうか?本番の日が楽しみです!
真っ白いエンジェルの衣装を身につけた子どもたちのかわいい歌声を、ぜひ聞きにいらしてくださいね。

ホワイトエンジェル隊 クリスマスコンサート

日時:12月23日(火・祝) ①13:00~ ②15:00~
場所:本館1F グランパティオ

全てのバックナンバーを見る

玉川高島屋S・C Web Store

CARD

タカシマヤカード

カードのご利用でポイント
プレゼント

S・Cカード

駐車場無料サービス他
会員特典が盛りだくさん!

スタッフ募集 S・Cで一緒に働いてみませんか?