玉川テラス Activity


Web会員限定。多彩なアクティビティへの参加者募集中。

Activity Schedule アクティビティスケジュール

WEB会員の方でしたら、ご参加いただけます。落ち着いたスペースで開催される少人数講座。他にはない特別企画や素敵なパーティ等々。 お申し込みはお早めに!

上野万梨子の「パリの美味しいお土産セレクションで楽しむ
“ウィークエンド・アペロディネ”」

講師:上野 万梨子

「夕食は早めにはじめて、軽くすませる」。よく食べ、よく飲み、よく喋り、夜更かしとアムールがお家芸のフランス人のライフスタイルにも、このところ、ずいぶん変化が訪れているようです。以前なら早くても20時からだったレストランの予約受付が、この頃では19時に繰り上げた店も多く、またランチとディナーの間に店を閉めずに、カフェのようにノンストップ営業するレストランも見かけるようになりました。

このような時代の変化にピタリとはまる新しい食事スタイル、それがアペリティフと、軽い夕食がわりになる一品で楽しむ「アペロ・ディナトワール」です。ただこれでは日本人の耳にはちょっとかた苦しい。そこで私はこれを略して「アペロディネ」とよんでいます。

「アペリティフ」というと、正式なディナーをあとに控えて、カクテルやシャンパーニュにひとくちサイズのおつまみといったイメージですが、「アペロディネ」は自宅で気軽に楽しめる、もっとずっとカジュアルな食事のスタイルで、お勧めしたいのはウィークエンド。
週末の一日はキッチンの稼働時間を減らしてラクしたいもの。そこで朝昼兼ねたブランチと、早めの夕方から始める「アペロディネ」のすすめ、というわけです。

たとえば、バゲットの薄切りにトマトの切り口をこすりつけ、オリーブオイルをたらして塩少々。缶詰のパテには炒め玉ねぎとレーズンの手作りコンフィを。ポロポロ木綿豆腐と茄子のタイ風ドライカレーにはパクチーバタートーストを添えて等々。瓶缶ものの食材や加工品、チーズも利用した、手間いらずの小料理とおしゃべりを楽しみ、それだけではもの足りない人はサラダやスープ、パスタやお茶漬けで〆る。早く食べ始めて、キッチンの片付けも早々と終了! 家族パーティーに、友達を招いて賑やかに、また一人でも贅沢気分を味わえるのが「アペロディネ」の楽しみです。

そこで今回は、上野万梨子さんがおすすめし、自ら選んで持ち帰ってくださったパリの美味しいお土産セレクションで、この新しい食スタイルを楽しんでいただこうという何とも魅力的な企画が実現しました。
日本に持ち帰り可能な食材の中から、タラマやアドック(鱈のスモーク)のような魚介の加工品や、フランスならではの乳製品の優れもの、パリのマルシェの新鮮野菜で作った自家製ピクルスを使った料理などをご試食いただき、「アペロディネ」を体験していただきます。

この機会に上野さんがおすすめする美味しいパリ土産を味わい、知っていただければ、いつかきっと皆様の旅のお役にも立つことでしょう。
ワインの他に、お酒を召し上がらない方も楽しめる、ハーブやスパイスで作るノンアルコールドリンクもご用意いたします。

新しい週末のライフスタイル「アペロディネ」。いち早く体験して、粋な大人ウィークエンドを楽しんでみませんか?

写真:フレッシュトマトとフェタチーズのタルティーヌ、缶熟サーディン コリアンダー、松の実、レモンコンフィとともに
*当日のご試食メニューとは異なります

上野 万梨子(うえの まりこ)

東京生まれ。大学時代より料理研究家の飯田深雪氏に師事。料理家を志し、フランス料理の神髄を学ぶためにパリに留学する。1976年、ル・コルドン・ブルー・パリ校卒業。帰国後の77年、東京の実家にてフランス料理教室を開講。80年、「オムレツやスープもフランス料理です」というメッセージをこめた初めての著書『シンプルフランス料理』(文化出版局)を上梓。重厚なイメージだったフランス料理を日本の家庭に普及させた功績は大きい。基本の上にたつ自由な発想の料理と、新しい時代を開く料理家としての生き方を示して人気を博す。多くの雑誌やテレビなどの媒体で活躍するなか、91年、パリ左岸に自宅を移す。以来、今日まで日本とフランス、二つの国の食と生活文化に関わる企画・編集・発信を続ける。『WA-fumi, à la rencontre des saveurs du Japon』(Flammarion)、『小さなフランス料理の本』(NHK出版)など著書多数。
http://uenomariko.com/
*応募者が定員数に達した場合、先着順で受付いたします。
*満席・受付終了となった後、キャンセル待ちご希望の方は、事務局までメールまたはお電話でお問い合わせください。
*キャンセルは開催日の1週間前まで受付。それ以降は全額を申し受けます。
開催日 時間 定員 参加費・条件 受付状況 お申し込み
10月9日(月・祝) 16:00~17:30
24名
5,000円
終了