玉川テラス Activity


Web会員限定。多彩なアクティビティへの参加者募集中。

Activity Schedule アクティビティスケジュール

WEB会員の方でしたら、ご参加いただけます。落ち着いたスペースで開催される少人数講座。他にはない特別企画や素敵なパーティ等々。 お申し込みはお早めに!

上野万梨子の『プチプチサラダ、つぶつぶタブレ』出版記念
「パリで人気のつぶつぶ素材を楽しむ」

講師:上野 万梨子

パリのスーパーのパック詰めサラダコーナーで今人気急上昇中なのが、つぶつぶ素材のスムール、ブルグル、キヌアの“タブレ”です。クスクスに添えることで知られるセモリナ粉の加工品「インスタントスムール」は、その扱いやすさや味付けの自在さが魅力。同じく硬質小麦を加工して作られた、挽き割り麦「ブルグル」は、小麦粉から作るパスタやパンでは味わえない、小麦そのものの原始の味わいが魅力。そして南米のスーパーフードとして近年注目の「キヌア」は、グルテンフリーで、栄養価の高いことでも常に話題になりますが、小粒ながら主張のある美味しさにもっと注目したい素材。どれにも共通するのは、国境を超えて子供からお年寄りまで、誰にも好まれるプチプチつぶつぶの食感です。

いつも新鮮な情報と、確かな味で大人気の上野万梨子さん。今回は、この3つの素材をテーマにしたレシピブックの発刊を記念して、ご本で紹介されたタブレやサラダを実際に味わい、この魅力的な素材に親しんでいただく会を企画してくださいました。

お湯を沸かす以外は火を使わず、素材を混ぜるだけで作れるスイートタブレ(写真・上)にはスムールを使って。ブルグルときんぴらのタブレはおろし大根を添えた和風味で。キヌアを玉ねぎとベルギーチコリとともにスープで煮た、クリーム仕立ての一品。
この他、世界の味の交差点─パリの暮らしから生まれたオリジナルレシピ計5品をご試食いただく予定です。

未知の食材を使った料理は、レシピを読んだだけでは想像がつきにくいもの。
この機会に是非その美味しさを実際に体感して納得していただければと思います。

○当日の内容
・写真で見る「パリで人気のタブレ」
・スムール、ブルグル、キヌア つぶつぶ素材の基礎知識
・タブレの味付けのポイント、オイルとビネガー、エピスリーのお話
・新刊でお披露目の「つぶつぶ新レシピ」5品の試食
・あっという間に完成!マラケッシュ風スイートタブレのデモンストレーション

*上野万梨子さんの新刊『プチプチサラダ、つぶつぶタブレ』(誠文堂新光社/5月12日発売予定)をお持ち帰りいただきます。
*撮影/工藤雅夫(写真上・オレンジのタブレ)

上野 万梨子(うえの まりこ)

東京生まれ。大学時代より料理研究家の飯田深雪氏に師事。料理家を志し、フランス料理の神髄を学ぶためにパリに留学する。1976年、ル・コルドン・ブルー・パリ校卒業。帰国後の77年、東京の実家にてフランス料理教室を開講。80年、「オムレツやスープもフランス料理です」というメッセージをこめた初めての著書『シンプルフランス料理』(文化出版局)を上梓。重厚なイメージだったフランス料理を日本の家庭に普及させた功績は大きい。基本の上にたつ自由な発想の料理と、新しい時代を開く料理家としての生き方を示して人気を博す。多くの雑誌やテレビなどの媒体で活躍するなか、91年、パリ左岸に自宅を移す。以来、今日まで日本とフランス、二つの国の食と生活文化に関わる企画・編集・発信を続ける。『WA-fumi, à la rencontre des saveurs du Japon』(Flammarion)、『小さなフランス料理の本』(NHK出版)など著書多数。
http://uenomariko.com/
*応募者が定員数に達した場合、先着順で受付いたします。
*満席・受付終了となった後、キャンセル待ちご希望の方は、事務局までメールまたはお電話でお問い合わせください。
*キャンセルは開催日の1週間前まで受付。それ以降は全額を申し受けます。
開催日 時間 定員 参加費・条件 受付状況 お申し込み
5月25日(木) 14:00~15:30
24名
6,000円
新刊のお土産付き
終了
5月25日(木) 18:00~19:30
12名
6,000円
新刊のお土産付き
終了