玉川テラス Activity


Web会員限定。多彩なアクティビティへの参加者募集中。

Activity Schedule アクティビティスケジュール

WEB会員の方でしたら、ご参加いただけます。落ち着いたスペースで開催される少人数講座。他にはない特別企画や素敵なパーティ等々。 お申し込みはお早めに!

WAGASHI 若き匠たちの挑戦「ワカタクトークショー」4~酒と和菓子。その可能性を探る~
by 玉川高島屋

講師:佐藤 慎太郎

講師:和氣 康匡

司会:畑 主税

日本が世界に誇る和菓子。長い歴史のなかでさまざまな文化に触れて紡いできた和菓子をもっと若い世代や世界の人たちに知ってもらいたい。伝統的な和菓子の世界で、規定の枠組みにとらわれず、次世代を担う若旦那たちが生み出すWAGASHI。2014年に始まったその動きは、今や、若き匠たち~略して“ワカタク”として、大きなムーブメントになりつつあります。

今回、6月14日(水)~20日(火)まで玉川高島屋地階催会場にて開催される「WAGASHI~若き匠たちの挑戦~」を記念して、玉川テラスで2日間各2セッション、計4セッションの会を開いてくださることになりました。

最終回となる、2日目午後の会では、「和菓子とお酒の組み合わせ。その可能性を探る」がテーマ。
酒と和菓子。これまで、甘党と左党は別個の存在とされ、酒と和菓子の組み合わせが語られることはほとんどありませんでした。でも今、一気に盛り上がりを見せている酒と和菓子の世界。特に、佐藤慎太郎さんは今回の地階イベントでも「慎太郎’s Bar」を開設。また、地元での酒蔵とのコラボイベントやこだわりの酒蔵が行ったイベント「六号酵母サミット」への和菓子ブース出展など、精力的に取り組んで活動中。そんなお話も交えて、なぜ、酒と和菓子は合うのか、その理由や楽しみ方についてたっぷり語っていただきましょう。

会では、「銘菓百選」でもおなじみの伝統銘菓「乃し梅」と日本酒、ネオ和菓子「たまゆら」と日本酒、同じくネオ和菓子「りぶれ」とジンという、3種の組み合わせを実際に試食・試飲。それぞれの組み合わせの面白さを実感していただきます。

いかにして和菓子と酒を組み合わせるか。甘・辛・苦・酸、そして香りなどに着目し、酒と菓子をマッチングさせていく手法とそれによって拡がる菓子と酒、それぞれの楽しみ方の拡がり。お話はどこまでも尽きることはないようです…。

佐藤 慎太郎(さとう しんたろう)

山形県【乃し梅本舗(のしうめほんぽ) 佐藤屋】八代目。
江戸時代後期に創業した乃し梅本舗佐藤屋は、山形銘菓「乃し梅」の老舗として名高い銘店。京都末富で修業した八代目は、酒との組み合わせを追求する一方、工芸羊羹や今話題のネオ和菓子など、和菓子の世界を広げ続けている。


和氣 康匡(わけ やすまさ)
栃木県【高林堂(こうりんどう)】三代目。
修業から戻ってすぐに今や看板商品となった「宮のかりまん」を開発し大ヒットとなる。独自のセンスとさまざまな素材に取り組みながら、あくまで「こしあんにこだわり、こしあんを押し出したい」という情熱の持ち主である。


畑 主税(はた ちから)
髙島屋和菓子バイヤー。
2月14日のバレンタインデー生まれの髙島屋和菓子バイヤー。全国を駆け巡り、これまでに約8,000種類の和菓子を食べ歩いている。和菓子を食べない日はないという、話題のバイヤー。
*応募者が定員数に達した場合、先着順で受付いたします。お申込みいただいてもキャンセル待ちとなる場合もありますので、予めご了承ください。
*キャンセルは開催日の1週間前まで受付。それ以降は全額を申し受けます。
開催日 時間 定員 参加費・条件 受付状況 お申し込み
6月17日(土) 14:00~15:00
21名
3,000円
お土産付
終了